天使のらせん階段~ウサギのうた~
 
そうか、ウサギは寂しいと死んでしまうんだ。だから、いつだって。。。
 


2006年5月28日を表示

50HITまであと少し。。。

50HITしたら、何かしようかとも考えているんだが、
間に合わないなら100HITにまわす予定なり。
どうしませうかな・・・



5月28日(日)12:50 | トラックバック(0) | コメント(0) | Unknown | 管理

お絵かキッズその3

・・・悪乗りしすぎた。
ええしすぎましたとも。。
でもね、私だって、最初はオリキャラをかきたかったんでつょぉぉx!!!
最終的にはこうしてネタ化したけど。

まぁ、バランスがまたしても悪くて、それに加えて肌の色ミスって修正加えまくったせいで、逆に違和感がバリバリになたーしー。。。



5月28日(日)12:07 | トラックバック(0) | コメント(2) | illust | 管理

「三次元なんかに興味あるか、ばーか」宣言をリンクに

http://www.geocities.jp/pugera3d/
現在まだ、登録はしておりませんが、気の迷いできっとそのうち登録します。
でも、それは確信犯だから気の迷いではないわけで・・・



5月28日(日)10:25 | トラックバック(0) | コメント(1) | Unknown | 管理

お茶の間日誌第二回「突然の法事。夏の兆しと黎明の訪問者」その二

あの、今日はどうしてここに?
「え、どうしてって?聞いてないの・・・?」
はぁ・・・、あの何にも・・・・
後ろからやってきた母が、私に言う。
「あんたねぇ、昨日じいちゃんが言ってたでしょ?聞いてなかったの??」
はぁ……すみません。私は家族との間に厚い壁を感じました。
「今日はね、法事なの。法事・・・Do You Know?」
間違っているくさい英語の発音を聞かされてとてつもなく不機嫌になりましたので、侮蔑の視線を向けてあげます。
今日もまた、この母という存在にとっても愉快な殺意を覚えます♪
さて、そんなこんなで法事に赴く私。
周りのみんなは黒服なのに、私一人が全身真っ白の服装。
異様に、浮いています。

ぁぅ、、、帰りたい・・・・
むしろ法事は平日にしてくれ!とか願っています。
ちなみに学費なんてものを出しているのは親なので、
休んでも単位の関係以外、ほぼ問題ないと思っています。
こういう人がまわりとの調和を乱すわけでして、
それが自分だと気づいたのでまたブルーな気分になりました。

「おはようございます。お早いところをご苦労様です。」
寺の娘(※)が、私たちに暖かい視線とともに、話しかけた。
ぃぇ、こちらこそ、よく起きてられるね?いま、八時前だよ。休日の。
「準備をしますので、こちらでおまちください」
と案内をされました。

待合室で待たされている時間、私はお茶を一杯の飲みました
「あんた、お茶飲まないんじゃないの?」
クソアマ(←憤怒を込めて)が口を開きます。
閉じろ、今すぐ、そして謝れ。世界に、ガイアに、この☆のすべての生き物に、二酸化炭素を出して吸いませんと!!
「おまえの入れるお茶がくそ不味いだけですよ♪」
さわやかな表情で、たまった毒をはき出します。
「ぁっそ」
くそ、少しは食らえと。

「……なんか、知らない間にもさらに毒を吐くようになったね」
なるみねぇが私たちの掛け合いを見て、ぼそっ。言葉を続けて
「うちの『ひー※』といい勝負できそうだょ……」
達観したかのような表情。あらあら。

「やぁ、またせましたな。」
住職の声。私は視線を向ける。
それでは早速はじめます。。。

「ありがとうございました」
………っは!催眠術にかかっていた。
恐るべし『木魚のリズム』と『お経物語歌集』!
なんか途中で妙なモノを指で一つつかみしてふっかけたけど、
あれはなんだったのでしょうか・・・??
いかなる意味が??まあ、真言宗だし、深い意味はないかな??(信仰熱心な信心深い真言宗の方、すみません。

「ぁー、どうですか最近は??」
住職が厳かな声で、語りかける。世間話なのに厳かなこの声は正直どうかと思う。
「いえ、かわりなく。ただ腰がすげぇ痛ぇんですよ」
江戸っ子のように声を張り上げる祖父。
カレは、年寄りなのに、元気がありあまっているので、
声もヴァカでかいのです。

~~ぺーちゃーくーちゃー~~

世間話をとてつもなく眠い意識の中、聞きます。
どーでもぃぃから、早くしてくれ・・・・
突然、住職がこんなことを言い始めた。
「遺伝子治療とかどーなんですかねぇ?」
はぃ?耳がおかしかったのかな??なんでこのおじいちゃんから
遺伝子治療なんて言葉が出るのでしょうか。夢ですか?夢ですか?
具体的に、値を抜いてリンパ球(ドイツ語な発音に聞こえたが)を増やす~とか方法を話しています。

大正生まれで住職なカレ、ガンをすでに大量にわずらっているらしいです。
信仰の力じゃ、寿命や病気ってやっぱりどうしようもないんですね。
でもどうなんでしょう、宗教的にも問題なのでは?信心深い人なら自分のお祈りパワー(うさんくさぃ)で何とかしてください!!

まぁ、そんなこんなで突然の法事。
いきなり起こさせられて、ちょっとムカッときましたがコンプリートです。
いいネタにはできたでしょうか?


それにしても・・・・・・あー、キャラ立たせがめんどかったーー

※寺の娘
『この娘』の娘…住職の孫が、私の中学時代の同級生であるからして、
彼女はもういい年だろう。
また、お布施により耐震補強もばっちりな、
かなりデカぃ寺ですので、相当金持ちのハズだ。
実にうらやましい限りである。

※ひー。
私はひーちゃんと呼び、彼女は○(本名の一文字)ちゃんと呼び合っている。
一つ年上の従姉。なるみねぇは、私の父の妹だが、
子供を産んだのは早かったのです。
彼女とは幼馴染イベント(こう書くと、とてつもなくアレな人ですね、私)、一通りすごしています。
で、彼女は普通に美人さん(むしろ可愛い系かな?)で、運動神経もぃぃ。
頭もそこそこ、と。まさに天により二物を与えられています。
そんな私の自慢の従姉。
子供のころの記憶。すごく優しかったです、夜中、ベッドの中とか。(こう言うと、とってもエロぃね。うん。でもごく健全ですぉ。ベッドがたりなくて二人で一緒に寝てたってだけで。んで、ちょっともまえら、近づきすぎなんじゃないかとか、兄に言われたりして←羨ましがる人いるだろぅなー、コレら一連の『イベント』←すばらしい思い出を『イベント』と脳内処理する私の脳はもう駄目なようです)
そして毒舌。ぃぃツンデレっぷりだぜキョウダイ!(いや従姉だけど)



5月28日(日)10:10 | トラックバック(0) | コメント(1) | Teatime | 管理

お茶の間日誌第二回「突然の法事。夏の兆しと黎明の訪問者」その一

今回はリアルタイムでの投稿です。
ただぼんやりとした脳なので、現実と妄想とフィクションが七対二対一で混じり合い、その上で誇張表現によるトッピングがされています。
またぃぃ性別不明っぷりを表すため、一人称『私』で統一します。
まぁ、たぶんこの性別の人、特有の描写によって、わかるだろうがね。

さて、ふりそそぐ雨がつゆを連想させる今日この頃。
わたしは「何ごともただ平穏がよし」と高等な事を考えることもなくただ爆睡、
夢の国・・・・・ネヴァーランドの住人となっていました。。
ところが。夜明後、午前七時にそれはおきました。

不意に目が覚めました。何故だろう、突然嫌な予感が感じられてあたりを見回す。
普段のベッド。何事もない日常の香り、漠然とした予感が夏の兆しを示す梅雨の雨が知らせてくれる。

「何事もなく・・・」安心してまた眠りにつこうとしました。

ふいに「バタン」と、大きな音がした。
それは扉の開く音だった、僕の部屋の。
部屋への来訪者の一言、「起きろ」。
それを言い放ったと共に、扉を閉じるカレ。

何が起こったのだろうか、今日は休日のはずだ。
おかしいんじゃないかな。。。

三段論法で考えてみよう
「休日は遅くまで寝ていられる。」
「今日は日曜日=安息日=休日」
「よって、今日は遅くまで寝ていられる」
・・・・・・眠らせてください。

再度、扉が開いた。
「起きろ」
先ほどよりもせっぱ詰まった声。
いいかげん起きないとヤヴァイようです。

何事でしょうか・・・?
私は部屋の外にでました。
ぼんやりとした脳が
「今、自分はバスローブを着ている。
バスローブを着ているのは美女だったらぃぃのに。
よし、脳内変換だ。。。」とか朝の妄想をさせます。

玄関から威勢のいい声「ぃょう!」
ではなく、
「ごきげんよう」
私は声を交わす
「ごきげんよう」
まるで、全寮制の女学校の生徒のような挨拶をかわす。
この巫山戯た(ふざけた、と読みます)表現の掛け合いもまた、
私とこの人とのつながりを表しています。
でも、なぜこんな早朝にこの人がいるのでしょうか?

玄関で私に声をかけた彼女は、叔母である「なるみねーちゃん」でした。



5月28日(日)09:33 | トラックバック(0) | コメント(0) | Teatime | 管理

プロフィールの件について

ちょっと早めの就寝。
その前にちょっと見直してみる。。。
あとDLessonに追記。

☆病気欄

パニック障害←これはたぶん、わかるよね
ADHD←多動性注意欠陥障害のこと。現代人のおおくがコレで、いつも落ち着きがない人。
境界例←これだけじゃわからないな~、そのうち具体例を出します
自己愛性←これ、途中で切れてる。。。病名。。
統合失調症←元:分裂病。
感情失禁←ちょっとしたことで感情が揺れ動く人

あと追加すべきとしたら、アルコール依存気味とか炭酸中毒とか、それと元チック持ちとかかな。

★欲望の欄
「唯幻存在」←唯幻の意味としてはとある学説に基づき、脳の中にのみ存在する。ということ、或る学者は、世界のすべては脳が作り出す幻で。実際に脳がなければ、あらゆるものは存在しない。と唱えたため、世界そのものが唯幻となります。

「五次元存在」←これは下記のDレッスンを参照して。

「大規模集団的無意識」←人を星の代弁者とした時、すべての人間の意思を固有にして唯一の『意識』としてとらえた時、それは星の意思となりうる。

まぁ、条件としてはニューロンの数と人間の数が一致したとき~……っていうのがあるのだが。。。科学者が言ったとは思えないカルト的なにおいがプンプン。

「超自我的な真心理の実体化したもの」←深層心理(無意識)の先にある、人の種として共有する意識の具体化。そのセルフの形は、果たして人としての形なのか、あるいは獣の形をしているのだろうか??


☆DのLesson
五次元の定義について。

さて、五次元をスライスしたものが四次元であり、
時間軸を有した時空間。

時空間を時間で瞬間を切り離したモノが、
オブジェクト(立体)と定義。

___さて、このようにして考えたところ、
時間などがあるのに対し、その器がありません。
下位である四つの次元軸を入れる、
絶対的な器が必要であります。___

結論。
そこで、私は五次元とを「空間」と仮に定義します。

予備知識……蛇足。
この時、五次元「空間」は、
このすべての時空間に「遍在」となり、
それ(そのものに意識があるとしたら)は集団的無意識(※)に(きわめて)近い、
もっとも遍在的で潜在的な意識となるであろう。

※人が有するすべての無意識の統合体を個としてとらえたもの。
『社会』がそれそのものだ、と言う人もいる。
私は、それを人の意識の『歴史』ととらえる。ここでの『歴史』は後から見た『過去』ではなく、『現在』としての『歴史』であり、とまることが一切ない瞬間的かつ、きわめてアナログ的な連続体とする。


はいはい。頭が悪い文章、でしたねorz



5月28日(日)01:48 | トラックバック(0) | コメント(3) | Unknown | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS